アシナガバチ駆除は危険が伴う【駆除業者に相談】

最新記事一覧

シロアリ被害を予防する

羽蟻

飛んでくるシロアリ

羽アリとは羽の生えたアリのことですが、羽アリといってもいくつかの種類があります。アリは普段は羽を持たず地上で生活をしていますが他の場所に新しい巣を形成するためにより長距離を移動するために羽が生えたアリが巣立ちをするというもので、大量に発生します。羽アリは生息域を増やすために行われる一瞬の出来事とも言えるもので、多くの羽アリは地上に降りると羽を落として新たな場所で巣を作り始めますが、その大半は死に絶えます。一方で羽アリの種類としてはクロアリとシロアリの両方で発生しますが建物に害を与えるシロアリである場合には注意が必要です。シロアリの場合には4月中旬から7月にかけて発生します。見た目では胴体にくびれがなく前後の翅の大きさがほぼ同じであり、翅も取れやすいものです。クロアリの羽アリの発生時期は5月から11月で、くびれがあり普段から見るアリやハチのような形をしています。この姿の違いとしてはシロアリがゴキブリの仲間であるのに対してクロアリがハチの仲間であることから来ています。シロアリの羽アリを見つけたからといって、すぐに家に害が出るわけではありませんが建物の周辺に大量に発生した場合にはシロアリが侵入するリスクが高まります。このため薬剤を散布するなどして対策をしておくことが建物を守る上で重要です。業者に依頼した場合には本格的なシロアリ駆除工事を行う方法のほか屋外に薬剤を散布して屋内への侵入を防ぐといった方法があります。

Copyright© 2018 アシナガバチ駆除は危険が伴う【駆除業者に相談】 All Rights Reserved.